垢抜けた和風の注文住宅にするために取り入れたいインテリア

アンティークなモダン家具

和テイストな家にするには、テーブルや椅子、棚類の選び方が重要です。モダンテイストで飽きの来ないアンティーク調なものを取り入れることで、グッと和風の雰囲気が出ます。例えば艶のある漆などを使ったダークな色調の家具でテーブルや椅子を揃えるのも素敵です。ダークカラーのダイニングセットは落ち着きがあり、艶っぽさのある素材であれば暗くなりません。白い食器なども映えますし、四季を感じる一輪挿しなどを飾っても風情があります。明るい色調よりも趣きが出て、和風の空間らしさが漂いますよ。そのほか、アンティークの組子帯戸や水屋箪笥を探してみましょう。水屋箪笥に食器を並べるだけで、和食カフェのようなセンスの良い一室になるはずです。

座椅子や座布団、掘りごたつなど

和室と言えば畳をイメージする人が多いですが、すべての部屋を畳にしなくとも和風テイストを醸し出すことが可能です。フローリングの上にカーペットを敷くほうが、冬場は畳よりも温かいです。そうした洋間であっても、座椅子や座布団を置くことで和の空間になりますよ。またシックなデザインのローソファーもおすすめです。できるだけ背の低い家具にすることで、洋間もくつろぎ感のある和の部屋に変身しやすいです。さらに掘りごたつもおしゃれで便利です。こたつを置くとなると場所を取りますが、初めから床を堀った形のデザイン設計をすれば、1年中足を伸ばして座ることができます。自由設計できるのが注文住宅の醍醐味なので、是非とも趣きのある掘りごたつを取り入れてみてはどうでしょうか。

建売住宅は既に建てられた住宅を土地とセットで販売するものです。分譲住宅が分譲地に建てられるのに対し、1棟だけ個別販売されることもあり仕様は決まっています。分譲住宅と同じ意味で使われることもあります。