おしゃれな和風住宅を建てるためのコツと豆知識

スッキリとした室内を目指し壁のデザインを考える

おしゃれで木材の温かみを感じる和風住宅を建築したいのなら、棚などの収納スペースを目立つ場所に配置しないことが重要です。棚がいくつも置かれている部屋を作ってしまうと、室内が窮屈に感じて和風住宅のおしゃれさが台無しになる可能性もあります。主張が強すぎず目立ちにくい収納スペースを確保することが重要で、床下収納などを活かした見た目がスッキリしている和風住宅を建築してください。壁をクロスにするのではなく漆喰や塗り壁にするのも、おしゃれで和風なイメージを作れます。塗り壁は照明の灯りで陰影をつけやすくて、陰影まで美しく感じられる和風住宅を目指している方々に最適です。漆喰は洋風と和風のどちらにも合い、耐火性に優れているのが利点です。

建材の魅力を活かしたデザイン

建材の美しさが伝わる和風住宅目指しているのなら、梁や骨組みを隠さずに木目まで見えるデザインを採用してください。梁を隠すと統一感のある天井のデザインになりますが、木目が見えないために建材の良さが伝わりにくくなってしまいます。木材に囲まれて大自然を感じられるのが、梁や骨組みが見えるデザインにする利点です。掃除がしやすくなるようにリビングの床をフローリングにしたい場合は、小上がりの畳にすることで和風住宅らしさを演出してください。小上がりの畳は肌触りも温かくて、畳の香りを楽しめて居心地の良さを感じられます。梁や骨組みやリビングの構造にこだわりを持つのが、おしゃれで住み心地のいい和風住宅を作るコツだと考えてください。

分譲住宅とは、分譲宅地に同じような家をいくつか建築して販売する住宅です。既に建築され内見できるのは、建売住宅と同じです。材料費などまとめて発注できるので、比較的安い家を建築することができます。